ヘルプアニマルズ イルカ漁の廃止を

殺されるイルカの写真

最近では殺すシーンを隠すため、ブルーシートがはられるようになりました。

以前はのどを切られ、死ぬまで長い間苦しむイルカの姿がありました。

最近では、海が真っ赤になると目立つという理由から、流血を避けるために、細長い棒のようなもので何度も脊髄を突き、脊髄を切断させようとしていることが、撮影された動画からみてとれます。

しかしこの方法でも死にいたるまで、苦しむ時間は、長いものでは十分以上かかっていることをということです。

 

お勧め書籍 

海からの使者 イルカ 藤原 英司 (著)

 

 

海からの使者 イルカ (朝日文庫) 文庫 藤原 英司 (著) – 1993/5

 

日本のイルカ漁はなぜ批判されるのか。欧米人のイルカへの親密感はどこからくるのか―。野生のイルカ・ジャックとオポ、そして人間たちとの心温まる交流の記録を集めた著者が、オデッセウスの息子を救ったイルカの神話や伝説、日本のイルカ漁の歴史などにふれ、イルカと人間の共生を考える。

 

 

 

 

 

日本の施設で飼育されているイルカたち 

 水族館はイルカの飼育に適しているか 

   ヘルプアニマルズ、エルザ自然保護の会 2013

 

2013年7月 水族館のイルカ頭数の調査レポートを発行しました。 これは水族館のイルカがどのように調達されるのか、問題点を含めたレポートです。この調査はエルザ自然保護の会とヘルプアニマルズ共同で2012年より行いました。