KAPS写真

Dog market Dog to be eaten Dog to be eaten Dog to be eaten Dog to be eaten
典型的な犬農場。町では犬をペットのように飼い、その後犬肉市場へ売り飛ばす。犬は最後に裏切られる。
(c) KAPS
これらの犬農場は違法にも関わらず、政府は法で罰しようとはしない
(c) KAPS
あるトレーダーは数匹づつ市場で売るので摘発しにくい。彼らは利益をあげるために他人のペットを盗んだり毒殺したりするときもある。
(c) KAPS
Sungnam市にて。他の犬と一緒につながれた盗まれたか捨てられたセンタバーナード。韓国には”うなぎの日”ならぬ”犬の日”がある。
(c) KAPS
檻の中にぎゅうぎゅうづめにされた犬。立つ事もできない。
(c) KAPS
dog farm Dog to be eaten Dog to be eaten Dog to be eaten Dog to be eaten
ここでは犬はトラックで農場から市場へ運ばれる。トラックには”猫売ります”と書かれてある。しかしペットではない。彼らはリューマチの万能薬として調理されるのである。
(c) KAPS
このような茶色の犬は最も美味とされている。
(c) KAPS
この写真の犬はチンドー犬(またはジンドー犬)と呼ばれ国宝として特に保護されているものである。(他の犬も保護されているが)韓国ではチンドー犬を誇りにしている一方で血統に関係なく食べるのである。
(c) KAPS
見るからに他の犬と違う。おそらくは盗まれたか捨てられたと思われる。純粋なポインターらしい。
(c) KAPS
ペットが食べられていることの証拠の写真。檻の中右側のバグ犬は首輪がついている。なだめて檻から出し頭蓋骨をくだき、皮をはぐ。これがここでのプロセスである。韓国の政府役人は純粋種は食べないといっているがそうではない。
(c) KAPS
dog market Dog to be eaten Dog to be eaten Dog to be eaten Dog to be eaten
選ばれひきづられ殺される犬。犬も殺されることがわかり恐怖におののく。韓国人は恐怖におののきアドレナリンがたくさん入った肉の方が美味しいと信じているため、残酷な殺し方をする。
(c) KAPS
殺される犬
(c) KAPS
檻の中の犬は仲間が殺され食べる準備がされるのを見なくてはいけない。動物には感情がないとここでは思われている。
(c) KAPS
この写真は数年前のものだが、状況がよくなっている理由や証拠は何もない。屠殺も用心深く最近は行われ私服の用心棒がいて外国人を近づけないようにしている。
(c) KAPS
韓国人が本当に犬を食べることに誇りを持っているなら、なぜカメラで撮られるのを嫌ったり、政府がそれを違法としたり、また外国人がどう思うか気にするのであろうか。
(c) KAPS
Dog market Dog to be eaten Dog to be eaten Dog to be eaten Dog to be eaten
犬の頭は珍味とされている。
(c) KAPS
皮も美味しいとされている。
(c) KAPS
並べられる犬の肉。
(c) KAPS
同左
(c) KAPS
苦しみの結集。このシチューは主に男性に食され、生殖力を支配すると言われている。
(c) KAPS
Cat to be eaten Cat to be eaten Cat to be eaten Cat to be eaten Cat to be eaten
解体される猫。
(c) KAPS
解体される猫。
(c) KAPS
食用に殺されるのを待つ猫達。
(c) KAPS
同左
(c) KAPS
苦しみの結集。猫シチュー。
(c) KAPS


オリジナルページ

犬肉

猫肉


This site is hosted and maintained by:
The Mary T. and Frank L. Hoffman Family Foundation
Thank you for visiting all-creatures.org.
Since date.gif (991 bytes)