携帯 ■メール 

動物虐待写真集  ■PETA TV ■

子犬
人か動物かという選択ではなく人へも動物へも優しい社会へ ヘルプアニマルズ
みるちゃん子猫
<Good news> 2006.4月  ソウル近郊にあるジャンスドンのDog Farm閉鎖に。

※=外部リンク

ヘルプアニマルズ Top

韓国犬肉トップ(ショッキングな写真があります)

映像を見れない方はこちらから署名をお願いします。

畜産 Top

最初にお読みください。

韓国からのリポート

犬食用根絶を願う

犬肉合法化の真実は

KARAから聞いた韓国の犬食事情

何が起こっているのか

チープトリック

法的な背景

韓国政府の回答

結び

(写真) 別の韓国の団体KAPSによる犬猫肉写真

KAPSからの署名のお願い

『これは韓国の"文化"ではありません。』

※ニュース放映。

日本の犬肉輸入量

他の韓国団体紹介

※KARA

※KAPS, help KAPS

※KAAP

※DAUM

※Animals Asia

※AAPN

 

アニマル劇場動物に優しくね

 

その他トピック

動物実験

毛皮

ペットショップ

野生生物

動物園

 

 

 


このページについて

ここでこのページを作成したのは、韓国の何人かの方々から、韓国の犬肉、猫肉の問題をとりあげてほしい、他国からの意見も韓国政府に届けてほしいというメールを頂いたからです。

 

このページを見た全ての方にお願いです。

これらをみてただちに、

「あの国は野蛮な国である。」という評価をし、その国の人たちを見下すようなことを書いたり言ったりしないようにお願いします。問題はそういうことではないのです。

このページの目的は、これらのことが今でもなお事実として日常茶飯事として行われていることをしり、その問題点は何か、本当に文化であるのか、はたまた文化だったら永遠に続けていけばよいのか、アジアをリードする日本人として何が私たちにできることなのか知ってほしい、という気持ちからです。

◎どうして犬猫だけなのか。
この問題を扱っている韓国の犬肉問題を扱う団体の代表者の人々たちは、ベジタリアンです。

なぜ犬猫だけ取り上げているかについてですが、
1. 犬や猫を多くの国でコンパニオンアニマルとして定着しており、喜びや恐怖を含め感情豊かな生き物であることを多くの人が知っていることから、共感を得やすいこと。

2.牛や豚もペットとして飼えば、感情を通わせることが出来る生き物であることがわかると思いますが、実際にはそういう生き物をペットとして飼っている人は犬や猫を飼育している人に比べ少ないこと

3. 牛豚などの生き物を含めて畜産全廃をすぐよびかければ、一笑にふされ発展する可能性が低いこと

4.畜産動物への理解を深める一石として、この犬猫問題があること

上記のような理由から、全ての動物ではなく犬猫に限って、キャンペーンを展開しています。


ヘルプアニマルズトップへ
Thank you for visiting all-creatures.org.
Since date.gif (991 bytes)