All premium Magento themes at magentothemesworld.com!

1匹は猫のアレルギー性皮膚炎「好酸球肉芽腫」、別の1匹はエイズ白血病ともに陽性の猫の腎不全を、ともにホメトキシコロジー・光線治療・H4Oで治療中。その実践記録です。

通常はステロイド治療しかないと言われる好酸球肉芽腫、そしてやはり猫の腎不全には通常は処方されるネフガードやお薬を使わず、ホメトキシコロジーと光線治療、ホメオパシー、H4O水で体調を維持しています。

好酸球肉芽種自然治療実践記録は下記から。

猫の慢性腎不全自然治療実践記録は画面トップのメニューからお入りください。

好酸球肉芽腫自然治療の実践記録へ
もう大丈夫

好酸球肉芽腫だった猫は、元野良ネコでした。人間に怖い目にあったことがあるのか極度の人間恐怖におちいっていました。部屋の中に設置した3段ケージから6か月以上でてきませんでした。それが、なんと、ホメオパシーをあげたその夜、ケージから自分の意思ででてきたのです。

3.31.2012 トッピングごはん実践BOOK 出ました〜

普段あげているご飯の上に栄養バランスを考えて、ちょっとトッピングしたご飯をあげることで、病気がなおっちゃったわんちゃんたち。

わんこママさんたちのお話、ホリスティック獣医師由香先生の説明とともに、可愛いわんちゃんたちやおいしそうなご飯の写真をふんだんに使って構成されています。

食事療法