HOME>自分ではどうしようもできない精神(ココロ)に優しく作用するホメオパシー。

6か月間ケージから出てこなかった子が変わった!

ある日、「右太ももに大けがをした猫」を見かけ保護した子は、好酸球肉芽種そして極度の人間恐怖に陥っていました。

威嚇がすごい。とても触れない。ケージの入口はあけてあっても、私がいると決して出てこない。そういう日々が半年続きました。

「チロとサクラのクリニック」に相談し、ホメオパシーを処方してもらい、与えたその夜に、ケージから出てきました。

信じられませんでした。しかも、私がキッチンにいったら、後ろについて歩いてきたんです。

その後。

現在、保護してから2年と数か月。今でもキャリーにいれようとすると逃げ回り、威嚇します。爪も切れません。

でも、なでるとゴロゴロいったり、おなかすくとお座りしてご飯をねだったりするようになりました。