★ (Great news) Dobbies Garden Centreは、毛皮商品の販売を中止

● 市営動物園に「ゾウ禁止令」=狭い施設は不健康−米サンフランシスコ - 2004年12月14日(時事通信)
【シリコンバレー13日時事】米サンフランシスコ市当局は13日までに、市営動物園に対し、ゾウ飼育施設を大幅に拡張しない限り、ゾウを飼育しないよう指示した。 動物愛護団体は「都市型の狭い動物園では、ゾウの健康維持は困難」と主張していた。
市営動物園では今年、ゾウ2頭が寿命を迎える前に死亡し、ゾウの健康管理に対し批判が高まった。残る1頭も健康状態に問題があるため、カリフォルニア州内の動物保護区に移される。人気者のゾウがいなくなるのは、70年以上に及ぶ同動物園の歴史で初めてという。

●海外Good News! Forever21 店頭から全ての毛皮商品を撤去 (2004年12月 portland indymedia)

●米国では不妊手術を勧めない獣医は医療過誤に
- 2004年11月29日

●日本獣医畜産大学のマウスの実験中止される! - 2004年11月22日
 日本獣医畜産大学による高校生対象のマウスの実験は、抗議の声を受け、中止になり、その旨、同大学のHPに掲載されました。

クマ猟12月から禁止に 石川県 MROニュース 2004年10月30日

人里に現れて捕獲されたツキノワグマの急増を受けて石川県は自然保護のためとして12月から狩猟を禁止する方針を固めました。
県内でクマ猟が禁止されるのは初めてです。 県自然保護課によりますと今年度県内で捕獲されたクマは5月から26日までに、合わせて127頭に上り、そのうち124頭が射殺されました。

これは県が11946年に統計を取り始めて以来最も多い数で種の保存のために定めた捕獲頭数の上限の70頭を大幅に上回っています。
県では人に危害を加えるなど緊急性がある場合は、引き続き捕獲してもかまわないとしていますが、県内でクマ猟が禁止されるのは初めてとなります。 狩猟期間は来月15日から始まりますが、12月までの2週間は周知期間とし公聴会や環境審議会の意見を聞いた上で決定されることとなります。

ところで環境省はクマの出没が多発している原因を探るため、北陸3県で現地調査に入りました。 調査はクマの好物のミズナラやブナの実のなり具合や樹木の状況などを今日からの富山県を皮切りに2週間程度にわたり合わせて18カ所で調べることにしています。

●欧州議会がソナー使用の禁止決議を採択 琉球新報 2004年10月30日

 【ワシントン29日=本紙駐在・森暢平】欧州連合(EU、加盟国25)の立法機関である欧州議会は28日、フランス・ストラスブールで開いた本会議で、加盟国の海軍が、潜水艦探知のために高強度のアクティブ・ソナー(水中音波探知機)を使用することを禁止する決議を採択した。

 決議に強制力はないが、クジラ、イルカなど海洋動物への影響が懸念されるソナーについて、国際機関が使用禁止を求めたのは初めて。決議は、EU以外の枠組みでもソナーの使用制限の決議や条約を追求すべきだとしている。米軍は「ソナーは海洋動物に影響しない」と主張しており、決議をきっかけにソナー使用論争が国際的に広がる可能性がある。EUは今後、ソナーの影響を調べる調査委員会を設置する方針。

世界各地では、現行の中周波ソナーの影響と考えられる海洋動物の死が報告されている。沖縄近海ではさらに、米軍が新たに開発した新型低周波ソナーの使用がクジラなどに影響するのではとの懸念が出ている。

環境保護活動家が始めてノーベル平和賞を受賞

●ZARA 毛皮販売を中止へ (2004年9月24日 BBC) Zara chain takes fur off shelves

●<英国>「キツネ狩り」禁止に 1000年の歴史に幕 (毎日新聞) - 9月16日)
【ロンドン山科武司】英貴族の伝統的なスポーツである猟犬を用いた狩猟を禁じる法案をめぐり、法案に反対する1万人が15日、英議会に押し寄せ、警察官と衝突する騒ぎとなった。法案は同日、下院で可決され、1000年の歴史を誇る英国の「キツネ狩り」は、06年には姿を消すことがほぼ確実となった。
 角笛の響きや猟犬のほえ声を背に、真っ赤な乗馬服のハンターが馬でキツネを追う姿は、英国を象徴する光景の一つだった。しかし、近年は動物愛護運動の高まりで国民の多数はキツネ狩りに反対していた。
 ブレア政権は昨年、キツネ狩りを「許可制」とする法案を上程。下院で全面禁止に改められたが、上院で否決されて不成立。今回は全面禁止に変更して上程し、この日、賛成多数で可決した。上院が否決しても下院議決を優先する規定が適用され、法案は成立する見通しだ。可決されたのはイングランド、ウェールズでの狩猟禁止。スコットランドでは既に02年に禁止となっている。
 この日、法案に反対する農民らが議会に押しかけ、BBCによると衝突で18人が負傷し11人が逮捕された。5人が法案を審議中の議場に入り込み「民主的なやり方じゃない」と抗議したため、審議が一時中断した。
 「ノルマン時代(11世紀)から続く伝統だ」との「伝統尊重型」の反対意見とともに、ガソリン代の高騰や職不足に苦しむ地方在住者が、同法案への反対を口実に都市在住者を重視するブレア政権への不満をぶつけたとみられている。

●薬の副作用報告、最高に 昨年度3万3千件 (2004年6月2日 共同通信)

<GREAT NEWS!>● ベルギー、アザラシ、犬、猫の毛皮輸入禁止へ  : (2004年5月30日 共同通信)
ベルギーでは、隣国のルクセンブルクと共同で、ハンドバッグなどに使われるアザラシやイヌ、ネコの毛皮輸入を禁止することを決定しました。 ベルギーは6月4日から実施する予定。

<GREAT NEWS!>●オーストラリア 犬、猫の毛皮の輸出入を法律で禁止することが決定 (2004年5月)

<GREAT NEWS!>●資生堂・花王、培養細胞で化粧品アレルギー評価 (2004年6月2日 日本経済新聞)

 資生堂と花王は2日、実験動物を使わず試験管の中で化粧品原料のアレルギー性を見極められる安全性試験方法を共同開発したと発表した。動物愛護などの観点から動物実験に代わる試験法のニーズが高まっており、両社は広く共同研究を呼びかけて新手法の評価、確立を急ぐ。

 両社は化学物質や金属によるかぶれなど、皮膚のアレルギー反応の口火を切る免疫細胞の働きに注目。この皮膚の免疫細胞とよく似た働きを示す特殊な培養細胞を選んだ。試験管内の培養細胞に検査したい化学物質などを振りかける。特殊な試薬を反応させたうえで細胞表面を観察する。動物を使うと3―4週間かかる実験期間を約2日に短縮できる。すでに10種類の物質で効果を検証、さらに別の物質でも評価を進める。

欧州連合(EU)域内では2009年3月から動物実験を活用して開発した化粧品の販売が禁止される。化粧品分野では世界的に動物実験を極力減らす流れにあり、細胞を使った代替試験法に対する期待が高まっている。

<GREAT NEWS!>●第72回OIE総会で動物福祉の基本原則を採択

動物の健康を考えるための国際組織、OIE(国際獣疫事務局)総会が、5月23日〜5月28日、パリで開かれ、167国から500人が参加した。
OIEは、動物福祉を推進することを、新しい使命とすることとした。
また動物福祉のための基金の設立を決定した。
詳細はOIE HP http://oie.int/eng/press/en_040528.htm 
日本語訳は JFAWI (農業と動物福祉の研究会)のHPをご覧ください。


<GREAT NEWS!>●オーストリア、動物への残酷禁止令を採択

オーストラリアでは、5月27日、動物への残酷禁止令ともいうべき法が議会を通過しました。
ニワトリはのケージ飼い、ライオンやトラをサーカスで使うこと犬を鎖でつなぐことなどが禁止されます。
犬の姿を良く見せるためにその耳と尻尾を切って形を整えることや、子犬や子猫を狭苦しく、蒸し暑いペットショップに置くことも禁止されます。
法律を犯したものは、2420ドルの罰金、更に、より残酷なことをした者には18160ドルの罰金をかけられ、その動物は行政によって没収されます。
2005年1月から数年にわたって段階的に実施されていく予定です。


<GREAT NEWS!>●動物園のゾウ、「自然に帰そう」と解放へ 米デトロイト(ロイター 2004年5月30日記事)

ミシガン州デトロイト(ロイター) デトロイト動物園から近く、人気者のアジアゾウ、ウィンキーとワンダが姿を消す。2頭は動物保護区へ送られ、自然の中でほかのゾウと過ごすことになる。同動物園では、「狭い場所に閉じ込め続けるとストレスがたまる」との配慮から、2頭の解放を決めたという。
デトロイト動物園のロン・カーゲン所長によると、同動物園の施設は米国内でも大規模な方。それでもウィンキーとワンダにはストレスの兆候がみられ、故郷より低い気温のせいか、よく足を痛めていたという。
カーゲン所長は、「ゾウには人間とよく似た知性や社会性がある」と強調する。野生のゾウは大家族で群れをなし、広大な地域を歩き回る。仲間同士の友情や、死者を悼むような行動もみられるという。 確かに、動物園やサーカスのゾウが体調を崩す例は多い。体を前後に揺すったり、攻撃的になったりと、神経症的な症状を示すこともある。カーゲン所長は「2頭の様子を見ていて、これ以上ここで飼育するべきではないと感じた。それではどこへ送ればいいのか。私たちは、ゾウをつかまえてどこかに閉じ込めること自体に問題があるとの結論に達した」と、力を込める。
デトロイト動物園では数年前、動物へのストレスを軽減するために、ゾウやチンパンジーによるショーを廃止した。今回の決断も、その延長線上にあるという。これまでもほかの動物園で、飼育環境の不備から病気になったゾウを別の場所へ移したケースはあった。しかし、デトロイト動物園のように十分なケア態勢がありながら、いわば倫理上の理由からゾウが解放されるのは初めて。
動物愛護団体なども、「貴重な前例になる」と歓迎している。

<GREAT NEWS!>●スペイン、バルセロナ 闘牛を法律で禁止 
カタロニア州のバルセロナでは、25万人が闘牛の禁止を求めて署名した。
こうした流れの中、バルセロナで、闘牛を法律で禁止することが議会を通過、決定した。法律で禁止するのは、スペイン内で初めてのこととなる。

●GOOD NEWS!  OECD 4種類の毒性テストで動物実験しないもの方法を承認   (2004年5月23日 BfR)

GOOD NEWS!!!!!!英 動物実験減らす対策検討へ! (2004年5月23日 NHK)
イギリス政府は、動物愛護の立場から、研究機関などが行う動物実験の回数を減らすことを目指し対策を検討する調査機関を設置すると発表しました。調査機関には科学者や企業の代表、動物愛護団体のメンバーも参加する見通しです。

ペットショップを巡るトラブルを減らすため、ペット販売員に資格制度、優良店には「適」マーク (5/17 読売新聞)

●GOOD NEWS! 化粧品開発の動物実験はNO!研究論文は非掲載に

●副作用の死者444人に 肺がん治療薬イレッサ (2004年3月24日 共同通信)

●入院中の事故10人に1人 厚労省研究班が初調査 (2004年3月19日 共同通信)

●脳梗塞薬の死亡報告増える 28人増の68人に (2004年2月26日 共同通信)

【Good News】【キャンブリッジ大学 猿の研究施設建設計画を断念】 (2004.1.29 ANC)

内服用水虫薬で肝障害多発、国内初の死亡例も (2004.1.29 読売新聞)

抗リウマチ薬で5人死亡 発売後わずか4カ月で (2004.1.29 読売新聞)

●<ホッキョクグマ>カナダ、  今年7月に新装オープンする秋田県立男鹿水族館(同県男鹿市)が、展示の目玉としてカナダ・マニトバ州にホッキョクグマの寄付を要請していたが、同州政府は、これを却下。カナダの自然保護団体「ズーチェックカナダ」など3団体が反対していた。 記事全文はこちら (2004.1.29 読売新聞)

●<慈恵医大>科研費不正受給は千数百万円。 学内に調査委 (2004.1.26 毎日新聞) 資格のない外科の医局 員十数人の名前を使って、96年度(当時は第1外科)〜01年度に千数百万円を受け取っていた。記事全文はこちら

●北海道、屋外栽培を規制へ 遺伝子組み換え作物 (2004.1.22 共同通信)

●福島 野生動物用の救急車登場 (2004.1.22 毎日新聞) - 福島県大玉村の県鳥獣保護センターに、26日から全国初の野生動物専用の救 急車が登場する。初期治療ができる医療器具を積載。感染症防止のため、シート など内装は消毒や水洗い可能な特殊素材を使った。野生動物のセンターへの搬入 は急増しており、センターは「搬送手段のない人からの通報にも対応できる」と 期待する。

●生後1〜2カ月のイヌ・ネコ、販売自粛へ新基準案 (2004.1.15)
(source) http://www.asahi.com/national/update/0115/004.html

●ハクビシンの輸入を禁止=米 (2004.1.14 時事通信)




This site is hosted and maintained by: The Mary T. and Frank L. Hoffman Family Foundation
Thank you for visiting all-creatures.org.
Since date.gif (991 bytes)