ヘルプアニマルズトップへ

フィリピンの食肉用の犬の販売規制を求めるキャンペーン

フィリピン大統領や司法省へメールで意見を届けてください。

(ご注意)写真はショッキングなものです。
まずは事実を知っていただくため、初めにこちら (It's their destiny) と
こちら(Caution(注意)が出ますが okをクリックするとつながります) (Network for animals) と
こちら (compassionatraveler)をご覧ください。

フィリピンでは犬を食べるのは彼らの島では普通のことのようです。
しかしマニラの裏通りで、中華料理の店の裏口から吊るしてある猫が見えて、以来、絶対自分の国で中華料理は 食べない!と心に誓ったと言っていたので、猫は食べない動物のようです。
サンプルレターは訳していません。
「あなたの国には行きません、あなたの国の産品は買いません」
とあります。

--以下翻訳--
フィリピンにおける犬肉に反対するキャンペーン

アジア全体に犬と猫に対する虐待の歴史が存在します。韓国では 人々はは、いたぶることで、それら知性ある伴侶動物たちの肉の 「品質」が改善されると信じています。しかし他のアジアの国々では そのようなことは信じられておらず、ぞっとするものとして捉えられています。 近代化や、欧米との貿易、観光に対してより満足を得ようと、 いくつかのアジアの国々はこういった、とてもひどい習慣に反対する 法律を制定し、国際的喝采を受けてきました。しかし残念なことに、 実際に守られなかった法律はまったく法律ではないのです。

1997年、フィリピン国会は共和国法No.8485を承認しました。 フィリピンにおいて動物福祉を実施するための法律で、「1998年動物福祉法」 としても知られています。詳細は私たちのサイトで読むことができます。 文面上では、この法律は賞賛に値するもので、他のアジアの国々に対して 手本となるものです。しかし、この法律には若干の問題点があります。 ひどいことが無視されているのです。フィリピン中で、政府は、犬を肉として オープンに売るような市場を経営しているのです。 はっきりさせましょう、犬は肉用の動物なのです。

ペットは、両前足を脱臼させられて、背中の後でワイヤーで縛った状態で売られる ようなことはありません。ペットはあごにギザギザのブリキ缶を付けられて、 痛みや絶望を表すために吠えたり、充分呼吸をしたりすることができない ような状態で売られることはありません。犬は、肉が新鮮であることを 保障するために生きたまま売られます。購入者は(足を脱臼させたまま) 犬を引きずっていき、はげしい苦痛を与える方法で、犬が苦しむのを 見ながら殺すのです。喉をかき切るか、動物が死ぬまで棍棒で殴るかと いった方法で行われるのが普通です。

どうかITDのキャンペーンに参加して、このようにいまわしく非常に残酷な ことにたいして、現存する法律を適用するよう、フィリピン政府を 説得してください。

どうぞご遠慮なく下記のサンプルメールを使用してください。ご自分の 意見も交えてくださってかまいません。その方がいいでしょう。 大統領と副大統領宛で出してください。ccで他のアドレスも付け加えて てください。フィリピンの犬肉に関する詳しい情報は、 the PAL Network for Animalsのウェッブサイトをご覧下さい。 http://www.networkforanimals.org/home.htm

残念なことに大統領はダイレクトなメールアドレスを持っていないので、 ここのhttp://www.op.gov.ph/contact.aspサイトから送信してください。


Vice President [email protected] (副大統領)
Cc to Press Secretary [email protected](報道長官)
Department of the Interior and Local Government [email protected] (内務自治省)
Department of Justice [email protected](司法省)
Office of the Executive Secretary [email protected](官房長官室)
Department of Tourism [email protected](観光省)
Philippines News Agency [email protected](フィリピン通信)



サ ン プ ル レ タ ー

Dear Mr Vice President
Although I applaud your country's introduction of a law to protect companion animals (i.e. The Animal Welfare Act, 1998), I am shocked by your lack ofresolve to enforce this law. Section 6 clearly states that;"It shall be unlawful for any person to torture any animal, to neglect to provide adequate care, sustenance or shelter, or maltreat any animal or tosubject any dog or horse to dogfights or horsefights, kill or cause or procureto be tortured or deprived of adequate care, sustenance or shelter, or maltreator use the same in research or experiments not expressly authorized by theCommittee on Animal Welfare.

"It also goes on to state;The killing of any animal other than cattle, pigs. goats, sheep, poultry,rabbits, carabaos, horses, deer, and crocodiles is likewise hereby declaredunlawful except in the following instances:" and lists several exceptions, noneof which mention either dogs or food.  

Evidence clearly proves that dogs are currently being sold for human consumptionin Government-approved markets in blatant contravention of this law. Theseanimals are treated with appaling cruelty.

I respectfully request that you enforce your nation's law without delay. Until you do, I certainly cannot consider taking a holiday in the Philippines, nor of buying any products from your country. I will regretfully have to advise my friends to do the same. Yours sincerely あなたのお名前/国

--- 以上翻訳 ---

ぜひ下記サイトも訪れてみてください。 Special Thanks to:

This site is hosted and maintained by: The Mary T. and Frank L. Hoffman Family Foundation, Thank you for visiting all-creatures.org.
Since date.gif (991 bytes)