ヘルプアニマルズトップへ

石井さん関連記事への外部リンク

・石井さんのサイト 光海丸ー検索エンジンで 「石井泉 イルカ」で検索できます

「イルカ救済のスペシャリスト」リチャード・オバリー氏と石井氏のイベント報告

毎日新聞記事 「イルカ 生息は豊かさの証し−−漁から観光の対象に」

毎日新聞 イルカで和もう 〜大海原を優雅に ウォッチング人気〜

石井さんのイルカウォッチングを紹介しているサイト

富戸ドルフィンスイム

サニーサミット

イルカ捕らない方が利益大

イルカの保護を目指す闘い

漁船にのってイルカにあいにいこう

伊豆高原 らあふ 城ヶ崎イルカ・クジラ&ネイチャーウオッチング

 

城ヶ崎イルカクジラネイチャーウオッチングセンター

富戸のイルカ・ウォッチング

 

    

静岡県富戸の漁師 イルカ猟からイルカウォッチングへ

原文 (Original page) Futo - From Dolphin Hunt to Dolphin Watch

★「イルカ漁」(イルカ漁)という表記について

1999年10月、静岡県富戸は、およそ70頭のイルカの群れを、残酷なやり方で捕らえ殺したことによって、世界にその名を知らしめた。水産庁、首相官邸、富戸の漁業組合には、怒りを露わにした抗議の手紙やファックス、Eメールが押し寄せ、以降、富戸でイルカ漁が行われることは無くなった。

2002年9月、富戸の漁師たちは、伊豆半島の小さな港からイルカを求めて再び沖へと向かう。しかし、今回は、何百ものイルカたちが波頭の間を跳びはねる、驚嘆すべき様を見にやってきた、エコ・ツーリストたちと一緒にである。 イルカ・ウォッチングのボートを率いる船頭、石井泉氏は、もともと、イルカ漁の船をまとめ上げる長だった人。だが、彼は変わった。

「殺される時のイルカの啼き声を聞いて、耐えられない思いがした−」殺すための漁から、見るためのイルカ・ウォッチングへと方向転換した理由を、石井氏はこう語っている。 かつての石井氏は、イルカを捕まえ殺すことを、最も声高に擁護する一人だった。その彼が、二度とイルカを殺さないと決意しただけでなく、イルカ・ウォッチングのビジネスを始めようとしている。

「今の私は、イルカの肉にではなく、彼らが私たちの内に引き起こしてくれる驚嘆の念に、その値打ちを見出しているのです。」 富戸に暮らす漁師であり、二人の息子を持つ父親でもある石井氏は、同時に、並外れた才能を持つ写真家でもあるが、その主な収入源はヤリイカ漁である。同時に、約30年に亘ってイルカを捕ってきた彼の、父、祖父、そして曽祖父もまた、クジラとイルカを捕る漁師だった。

しかし、1999年、石井氏の属する漁協組合のメンバーが、70頭あまりのイルカを富戸の港に追い込んだ時、この伝統はモダン・テクノロジーとぶつかり合うことになった。残酷な殺戮の様子を捉えたビデオが、世界中のテレビ画面に映し出されたのである。バンドウイルカが海から引き上げられ、喉を切り裂かれる映像は、この野蛮な風習に対する、なだれのような抗議を巻き起こした。 既にこれ以前から、石井氏は長いこと、イルカについて考えを巡らすようになっていた。「イルカの群々が泳いでいる光景には、心動かされるものがありました。イルカ漁をしている最中だというのに、自分の漁師としての仕事を忘れてしまうことすら、度々あったのです。この高揚を、イルカ・ウォッチングをとおして、人々に伝えられたらと思います。」

イルカはただの魚だという、彼の元々の持論を覆す映画との出会いもあった。今では石井氏は、イルカは高度な知能を持ち、肺呼吸をする哺乳類であることを理解し、彼らに対する欺瞞に満ちた暴力行為をやめるよう、訴えている。 実は石井氏は、漁協が違法なイルカ漁を促す場合があったことを知っていた。

そのことを告発すると、漁協のメンバーたちは、逆に彼を非難して漁師を辞めさせようとし、あまつさえ富戸から追い出そうとさえしたのである。石井氏を支えたのは、国内外の自然保護団体が上げた、彼の勇気ある行為を支持する声だった。 水産庁ならびに静岡県水産部は、漁協は捕獲許可枠を超えた漁をやめるべきだという、石井氏の主張を無視してきた。

「皮肉なことですが、水産庁のそうした態度が、今の私を形作ったのです」と石井氏は述べている。 今、ビジネスマンである石井氏は、イルカ・ウォッチングで、イルカ漁以上の利潤を生むことができると考えている。船を出す人々はもちろん、旅行会社や土地のホテル、レストラン、土産物店にまで経済的利益がもたらされるだろう。

死んだイルカの肉は、一頭300ドルにしかならないが、観光客を魅了する生きたイルカたちには、その数の更に何倍もの価値があるのである。 2002年の2月から3月にかけて、石井氏は、文字通り何千ものイルカを、富戸のすぐ沖で見かけることがあった。とはいうものの、彼の主催するイルカ・ウォッチングは、主に、気候の良い夏から初秋に行われることになる。 ブルー・ヴォイスをはじめとする各国の保護団体が、既に石井氏の真摯な試みに支持を表明、イルカ・ウォッチングというその新事業を助けるべく、参加グループを送り込むことにしている。

一方、石井氏本人は、このビジネスを自分が独占的に行いたいとは考えていない。「一番大切なのは、まず私がイルカ・ウォッチングで成功を収めること。そうすれば、富戸の他の漁師たちも後に続くでしょう。」 その時こそ、富戸におけるイルカの殺戮に本当の終止符が打たれ、今もイルカ漁を続けている他の村に対する、良き見本が生まれるのだろう。

富戸でのイルカ漁がなくなったとしたら、本州でイルカ漁を行っているのは、和歌山県の太地のみとなる。ブルー・ヴォイスのエグゼクティブ・ディレクターであるハーディ・ジョーンズ氏はこう語る。「太地は最も厄介な相手です。今度の10月に、彼らは又もイルカ漁に出ようとしている。もし実行されれば、我々はその残虐行為を、世界にウェブ配信するつもりです。

富戸のイルカ・ウォッチング


富戸のイルカ・ウォッチングに興味がある方、参加希望者は、石井泉氏宛てにkohkaimaru@nifty.comまで。どなたでも歓迎だが、問い合わせは日本語でお願いしますとのこと。


キャプション:
石井泉氏と、イルカとクジラ、および海洋環境の保護を訴える団体ブルー・ヴォイスのハーディ・ジョーンズ氏は、2002年の国際捕鯨委員会総会で、かつてのイルカ猟の村でイルカ・ウォッチングが開始されることを発表した。(Photo (C) Circlet 2002)

 

●「イルカ漁」という表記について:イルカは哺乳類であり魚ではないため、「イルカ猟」と表記すべきだという考え方もありますが、ここでは検索の便などを考慮し、現時点でより一般的と思われる「イルカ漁」の表記と致しました。


●この記事は2002年のものです。文中の時制は元の記事に合わせてありますので、現在から見るとおかしな部分もありますが、その点ご了承の上、お読みください。


●記事にある、2002年9月の、石井泉氏による富戸で初めてのイルカ・ウォッチングは、15名の参加者と共に無事行われました。2004年には13回の出航のうち9回ウォッチングに成功(これはかなり高い確率とのこと)、更に石井氏は、「海とイルカを守る会」を立ち上げ、イルカとの共存に向けて活動をされているそうです。なお、記事の末尾にあるイルカ・ウォッチングの問い合わせ先メールアドレスは、変更されている可能性があります。


●イルカ猟のその後:2004年に、富戸で5年ぶりにイルカの追い込み漁が行われました。詳しくは、エルザ自然保護の会のHP(http://www.elsaenc.net/info_futo2004.htm)に情報が出ています。同じく、記事内でイルカ猟の地として名前の挙がっている太地では、追い込み漁で捕獲したイルカを中国に輸出しており、それに関する情報と反対の署名運動について、同じくエルザ自然保護の会のHP(http://www.elsaenc.net/petition_taichi.htm)にアップされていますので、 ご関心のある方は是非ご参照ください。

 

翻訳 by れんげさん

海外でも石井さんのことはたくさんのサイトで紹介されています。

Friendly Whale  (Your Tube)(日本語はこちら)

Greater Impact (BBC)

Friend of dolphins

A wind of change in Japan?

Former Japanese Fisherman's Ecotour Could Change a Deadly Way of Life

Support dolphin and whale watching in Japan!

Ending the Dolphin Hunts in Japan

From Fisheries to Ecotourism: Intrepid Travelers Needed to Help Local Japanese isherman Protect Dolphins

Time for change

Rocky Way to Success for Dolphin and Whale Watching in Futo

 

ヘルプアニマルズトップへ
Thank you for visiting all-creatures.org.
Since date.gif (991 bytes)