象牙だけのために殺される象。密輸象牙の行き先は日本

参考:

密輸象牙の行く先は日本−日本における象牙の国内取引管理に対する提言 (JWCS 2007)

 

熊の肝のため生きたまま肝臓に穴をあけられ胆汁を搾られる

映像・写真

熊の内臓から液をとる映像や写真はこちらをご覧ください

参考:

闇の中の熊胆取引 ユウタン(熊胆)の流通実態とその規制のあり方に関する調査研究II (JWCS2006)

団体:

※ Animals Asia  

※ ツキノワグマと棲処の森を守る会 (Tel/Fax: 022-246-0494) 宮城県仙台にあるツキノワグマ保護の会。殺さず生かして放獣する事を実践している。

 

フカヒレのヒレだけ切り取り体は生きたまま海へ捨てられるサメ

遊泳性のエラを持つ種類のサメは泳いでいないと酸素を取りこめません。ヒレを とられると、前に進めないため、呼吸ができず死に至ります。全国のサメの水揚げの9割は宮城県気仙沼です。サメは、400種類ほどいますが、凶暴とされているものは20種類ほどといわれています。

ニュース (Topページのニュース蘭から最新newsをご確認ください)

※ ★2011.12.11   (ロイター)台湾は来年までにフカヒレを目的にしたサメ漁を禁止すると発表、香港のホテルチェーンも来年1月1日から、フカヒレの提供を禁止することになりました! 

★2011.10.9  フカヒレ禁止法、カリフォルニア州で成立 サメ減少背景

 

トラの体の一部が売買され、絶滅の危機

参考

※ 種の保存法違反のトラ身体各部・製品市場流通調査結果報告 (JWCS 2004)

 

残酷な亀の殺し方をやめさせよう。署名お願いします。

下記サイトでは、”新鮮で簡単”な亀料理の裏側で、大変残酷な方法で亀が殺されていることに抗議する署名です。映像は大変残酷なものですのでご了承の上、クリックしてください。クリック先画面の中ほど下に映像があります。

亀の残酷な殺し方への抗議署名

 

ゴリラ、チンパンジー

 

Wilelife Direct HP

a

 

 

 

 

 

Hundredth Monkey :動物実験に使われた猿たち

a


 

 

 

 

 

 

APE: ヨーロッパにおける類人猿を使った動物実験を禁止するための
あと1歩のためにご協力をお願いします。

a

 

 

 

 

ゴリラの惨殺を中止しよう!

a

 
     

 

動画 - youTuve

    --- --- >>>>   馬の屠殺ビデオへのリンク

●馬殺戮を永遠に終わらせよう!翻訳 りんごさん

 2つの別々の判決により、アメリカ国内で作動を続けているテキサス州のBel-Tex in Ft. Worth,テキサス州のDallas Crown in Kaufman、イリノイ州のCavel International in DeKalbの3つの馬虐殺施設はシャット・ダウンすることを強いられました、また、現在、アメリカで虐殺されている馬はいません。

 第5の巡回裁判所のための米国の上訴裁判所の後にシャット・ダウンされた2つのテキサス設備は、馬肉の販売を禁止する1949年のテキサスの法律を支持しました。個別の 決定では、連邦地方裁判所が、それが虐殺する設備からの馬肉を検査することを米国農務省に禁じる議会のFY06農業充当物言語の意図であると判決しました。この決定が 積極的にイリノイの設備をシャット・ダウンし、アメリカ国内で作動していた馬虐殺施設をひとつも残さないものになりました。

 しかしながら、馬虐殺を終わらせる為の私たちの仕事はまだ続きます。裁判での勝利 にもかかわらず、馬は未だに、虐殺のためにメキシコとカナダへまだ送られています。アメリカの馬虐殺予防行為(H.R./S.311 503)はこの抜け穴を埋めて、外国のプラントで虐殺されるためにアメリカの馬が輸出されるのを防ぎます。さらに、それは、馬虐殺がアメリカで永久に禁止されていることを保証します。

 2004年の予算プロセス中に、元上院議員コンラッド・バーンズ(共和党-MT)は、野生馬とロバの虐殺からの30年間の保護を取り上げるために乗り手を挿入しました。2004 年以来、数ダースの以前は保護されていた野生馬は、人間の消費のために虐殺され輸出されました。レップで開始されたH.R.249、Rahall(民主党-WV)およびWhitfield(共 和党-KY)、は野生馬とロバの連邦保護を復活させてくれるでしょう。110番目の議会は、馬保護立法の喜ばしい可能性を示します。セナタ・バーンズ(この人は任意の馬 保護法案に対する主な障害となっていました)は、選挙で敗北し再選を強いられました。彼が邪魔できないよう片付いた今、私たちのチャンスは今までより明るいものに なるでしょう。

■馬虐殺に関しよく言われる間違った知識:

間違いった知識: 禁止は結果的に「虐殺する馬の無規制な出荷」につながり、より長い距離を出荷されることになりかねない。

答え: それは間違いです。アメリカ馬虐殺予防法の可決は、人間の消費を意図とした馬および生きている馬の貿易および輸送と同様に人間の消費用の馬の虐殺を禁止することになります。この立法は、アメリカ内の3つ施設のうちの1つでも、また、海外所 有の施設、さらにはいかなる海外の虐殺施設にもアメリカの馬を送ることが出来ない
様、それに対するどんな法的な選択肢もなくす事になります。

■馬虐殺に関する事実を知ろう

Q:毎年何等の馬が虐殺されますか?

A:毎年、100,000頭以上の馬がアメリカで虐殺され、人間の消費のために処理されま す。さらに、何千もの生きている馬が虐殺のためにカナダへ境界を横切って輸送され ます。これらの馬が死んだ後は、その肉は人間の消費用として、ヨーロッパおよびア ジアへ送られます。所有者は、多くの場合、虐殺される前に馬が感じ耐えることにな る苦痛、恐れおよび苦痛に気づきません。

■HSUSおよび馬保護

 HSUSは私たちの組織の1954年の初め以来、人間の消費のためのネグレクト、虐待およ び虐殺から私たちの社会の馬および他の馬を保護するために働きました。私たちは、 馬のネグレクトの法の執行、動物管理局員および愛護協会職員のためのワークショッ プ、野生馬用の免疫避妊法およびロバを導きました。また、私たちは、野生のムスタ ング用人口抑制のインプリメンテーション用土地管理局との試験的プログラムに直接 従事しました。私たちの調査は、馬のオークションや虐殺施設では秘密で行い、輸送 中や虐殺の間の、これらの動物に対する非人道的な処理を文書化して収録しました。 私たちは州と連邦政府レベルで働き、強い馬保護および反残酷法則の取り入れを主張 し、また、私たちは施行のために資金を求め、トレーニングを提供しました。HSUS は、馬虐殺に堅く反対の意を唱え、この陰惨で不必要な実行を禁止する州レベルの立法と同様に、アメリカの馬虐殺予防行為を支持する主要な主唱者です。

 

help animals - save wildlife

ヘルプアニマルズ