ヘルプアニマルズ 人か動物かという選択ではなく、人にも動物にも優しい社会へ

お問い合わせはこちらから
メール
サイト Top >更新履歴

過去記事へのリンク

更新履歴

大きなニュース

更新履歴

2021年

2021/8/22 海外の流れ 追記 世界で起こっていること追記

2021/8/17 COVID-19研究のためのMPS (生体模倣システム)の活用

2021/8/16 オリンピック用の馬 追記しました。

2021/8/15 J-Stageで見る国内企業、研究者の脱・動物実験への挑戦追加

2021/8/8 <動物は使わない。科学技術のチカラ。>のぺージに、動物実験代替技術に関する記事 追記

2021/8/1 トップページ内容更新ベジタリアンになろう絵本:戦争ノンフィクション犬やねこが消えた を追加更新、動物実験トップ動物は使わない・科学技術のチカラ日本における代替法事業、国内外の動物実験ルール動物実験代替法の歴史:世界と日本意見を送ってください。を更新しました

2021/7/19 海でイルカを触ることは違法:海外 ハワイの同様のことが記載された海辺に配置されている立て看板の写真も掲載しました。

2021/7/11 輸入された馬について検疫所からの回答

2021/6/21 Good News: OECDテストガイドライン: 動物実験なしの初めての皮膚感作ガイドライン採用!

2021/6/20 ページ<集約畜産を考える>を更新ページ<イルカ猟>更新ページ<動物実験>更新ニュースピックアップのページ作成あなたにできること更新<生体販売>更新冊子:Thank you from animals、種の壁が壊れるとき追記しました。

2021/6/20 ペットショップが守らなければならないことパンフレット 更新

2021/6/18 署名にご協力を。(キューピーに対し)残酷な扱いの中で生産されるミヤポーの卵を使わず、卵なしのマヨネーズのみ生産してください。

2021/6/15 養鶏・鶏卵行政に関する検証委員会の報告書を踏まえた農林水産省の改善策が公表されました。ご意見ご提案などありましたらぜひ送ってください。

 大臣官房秘書課 担当者:渡邉、御厩敷(おんまやしき)様
ダイヤルイン:03-6744-2001、代表:03-3502-8111(内線3002)
FAX番号:03-3592-7696

2021/6/12 経産省、AMEDに意見を。動物実験をへらすための事業の1つが今年度終了します。意見を送ってください。

2021/6/9 フランス、麻酔なしのブタの去勢禁止 2022年1月から

2021/6/6 動物実験:署名にご協力お願いします。

2021/6/6 国による動物実験を削減するための事業

2021/6/3 「養鶏・鶏卵行政に関する検証委員会報告書」及び「追加の倫理調査の結果について」の公表について

2021/6/2 2021年6月1日に改正食品衛生法が完全施行され、原則全ての食品等事業者はHACCPに沿った衛生管理に取組む必要があります。

2021/6/1 中国の改正動物伝染病防止法が施行。中国には合法的な犬の屠殺場は存在せず、市場の全ての犬肉製品は違法な無許可の屠殺場によって生産されていると考えられる

2021/6/1 中国の改正動物伝染病防止法が施行。中国には合法的な犬の屠殺場は存在せず、市場の全ての犬肉製品は違法な無許可の屠殺場によって生産されていると考えられる

2021/5/30 サルの脳を食べるのページ 内容追記しました。

2021/5/23 馬:競走馬・馬肉のページ 内容追記しました。

2021/5/19   UNEP グリーンで持続可能な化学、OECD PBKモデルのバリデーション

2021/5/16  CytoReason社 脱・動物実験

2021/5/16 PETAアジア、日本最大手の鶏卵企業イセ食品を告発。むごい鶏の扱いが明るみに出る。署名にご協力を。

2021/5/4 犬食文化は今もなくならず… 韓国畜産農場から食肉処理を控えた50頭を救出

2021/5/1 ・JRAへ意見を

・「輸入時の馬の死亡数」追記、および「荒尾競馬場閉鎖後その後」のページ作成しました。

2021/4/25 馬(競走馬・馬肉)のページを更新しました。

2021/4/25 アジアフォーアニマルズ会議2021が4/24~4/25今年バーチャル会場で行われました。

2021/4/18 中国:畜産業界の回復により大豆・穀類の輸入量増大

2021/4/11 歯科医療における動物実験からの脱却

2021/4/4 イスラエル ヘブライ大学の研究者 動物実験を行わずにガンの薬を開発 他

2021/4/4 過去 中国の毛皮農場で撮影された動画をあらためて追加しました。 

2021/4/3 イルカ猟ページ更新

・ イルカ猟Topページ イルカ捕獲数 2002-2018表、図、追加、突棒猟の動画、写真追加、他

・ イルカ漁詳細ページ <水族館で生まれたほとんどの個体は半年以内に死亡> に2020/3/31時点の情報を追記

・ イルカ猟写真のページに写真追加

2021/03/30 <世界の食料安全保障と栄養の現状2020年報告>が公表され、報告書の32ページに、【ベジタリアン、ビーガン食は、現行の食料消費パターン に起因するGHG排出の社会的コストを大幅に削減すると記載されています。】

現行の食料消費パターン に起因する GHG 排出の社会的コスト(図 37) は、2030 年にはおよそ1兆7,000 億米ドルにも達すると試算される。

対して、4 通りの代 替食事パターン(FLX、PSC、VEG、VGN)の いずれかを取り入れた場合、2030 年には社会 的コストの 7,000 億~ 1 兆 3,000 億米ドル(41 ~ 74%)の大幅なコスト削減に貢献すると考 えられる(図 37)。

※FLX、PSC、VEG、VGNは、「フレキシタリン(FLX)」、「ペスカタリアン(PSC)」、「ベジタリアン(VEG)」、「ビーガン(VGN)」を表す。

報告書(日本語)

2021/3/21 EU 動物衛生制度 2021年4月21日新制度に移行

2021/3/8 動物実験代替 3D培養(オルガノイド)

2021/3/7 動物実験代替 インシリコの現状と課題そして提案

2021/3/7 動物実験代替 仮想人体、ボディオンチップ

2021/3/6 アメリカの環境保護庁:2035年までに哺乳類の動物実験の中止を発表

2021/3/5 犬の食肉処理場を閉鎖、25年で100万匹超を処理 カンボジア

2021/3/2 世界屈指のゲノミクス研究所として知られるサンガー研究所 動物実験施設を閉鎖を発表

2021/2/28 鶏のアニマルウェルフェア  

2021/2/26 国立環境研究所ニュース 実験生物に頼らない21世紀の毒性評価システム(AOPとIATA)

2021/2/18 農水省の代替タンパク研究 

2021/2/14 中国犬肉祭りなどから救出された29匹、米に到着 AFP

2021/1/21 ドイツ、雄ひよこの大量殺処分禁止へ 世界初。2022年から禁止になります。

2021/1/3 くり返される強制妊娠と出産、"淘汰"と"更新"

 

2020年

2020/12/19 アメリカで初めて遺伝子組み換え動物食品が認可される

2020/12/10 元養鶏場従業員の方見たものとは・・・ 

2020/7/8 毛皮産業は段階的に廃止へ:コロナで加速 毛皮大国オランダ、ミンク産業の終幕

2020/6/11 日本へのエキゾチックペット密輸の実態を分析した初の報告書発表

PR Timesページ:日本へのエキゾチックペット密輸の実態を分析した初の報告書発表

WWF HPページ:日本へのエキゾチックペット密輸の実態を分析した初の報告書発表

2020/4/8 犬猫、流通中に年2.6万匹死ぬ ペットショップ・業者

2020/3 令和元年 毒性発現予測システムの化学物質安全性審査への導入促進に係る調査報告書

 調査内容:諸外国のインシリコ手法の行政利用の実態等を調査するとともに、インシリコ手法に活用可能な国内外に存在する毒性試験情報の調査を行い、国内のインシリコ手法の予測精度向上や改善見込の考察を行い、インシリコ手法の行政利用を阻む課題等の解決に向けた提案を行った   

おすすめ記事

2021/03/30 <世界の食料安全保障と栄養の現状2020年報告>が公表され、報告書の32ページに、【ベジタリアン、ビーガン食は、現行の食料消費パターン に起因するGHG排出の社会的コストを大幅に削減すると記載されています。】

現行の食料消費パターン に起因する GHG 排出の社会的コスト(図 37) は、2030 年にはおよそ1兆7,000 億米ドルにも達すると試算される。

対して、4 通りの代 替食事パターン(FLX、PSC、VEG、VGN)の いずれかを取り入れた場合、2030 年には社会 的コストの 7,000 億~ 1 兆 3,000 億米ドル(41 ~ 74%)の大幅なコスト削減に貢献すると考 えられる(図 37)。

※FLX、PSC、VEG、VGNは、「フレキシタリン(FLX)」、「ペスカタリアン(PSC)」、「ベジタリアン(VEG)」、「ビーガン(VGN)」を表す。

報告書(日本語)

2021.2.11 【特集】世界を救う「代替たんぱく」の衝撃

2021.2.7 「動物福祉」問われる日本の姿勢 浮き彫りになった世界とのギャップ

2020/7/8 毛皮産業は段階的に廃止へ:コロナで加速 毛皮大国オランダ、ミンク産業の終幕

2020/4/8 犬猫、流通中に年2.6万匹死ぬ ペットショップ・業者

 

大きなニュース

アメリカの環境保護庁:2035年までに哺乳類の動物実験の中止を発表

世界屈指のゲノミクス研究所として知られるサンガー研究所 動物実験施設を閉鎖を発表 2019.5

国際捕鯨取締条約 (IWC)と捕鯨再開を受け、<商業捕鯨の実施等のための鯨類科学調査の実施に関する法律の一部を改正する法律>が改正され、 <鯨類の持続的な利用の確保に関する法律>となりました。

水産庁資料によると、捕鯨業の実施体制の整備、イルカ猟を含む捕鯨について、科学的知見に基づき適切に行われることを明確にするとともに、その円滑な実施のための措置を定めること等が盛り込まれました

2019/12/11 <鯨類の持続的な利用の確保に関する法律の一部改正>施行開始 

2019/12/5 <商業捕鯨の実施等のための鯨類科学調査の実施に関する法律の一部を改正する法律>成立

更新履歴

おすすめ記事

 

こちサイトらのにたどり着いた方へご協力をお願いします

Twitter, FacebookなどのSNSや、お持ちのブログやサイトでこちらのサイトを広めていただければ幸いです。
www.helpanimals-japan.org
https://www.all-creatures.org/ha/

ヘルプアニマルズロゴ

ヘルプアニマルズロゴ ヘルプアニマルズロゴ ヘルプアニマルズロゴ

ヘルプアニマルズロゴ

動物実験 毛皮イルカ漁 韓国犬肉中国犬猫肉家畜

Copyright(C)ヘルプアニマルズAll Rights Reserved.