ヘルプアニマルズ 人か動物かという選択ではなく、人にも動物にも優しい社会へ

お問い合わせはこちらから
メール
サイト Top >更新履歴

過去記事へのリンク

更新履歴

更新履歴

2022年

2022/1/8 「飼えなくなった」ペットの保健所への持ち込み、後を絶たず 動物保護管理センターの職員に“殺処分”の実態を聞いた

2022/1/2 PETAアジア:日本ケンタッキー仕入先養鶏場映像を公開。現場での酷い動物の扱いが明らかに。

2021年

2021/12/2 イタリアの高級ファッションブランド、アルマーニ・グループは、2022年冬から全企業でウサギのアンゴラ毛を禁止すると発表した。(AFP)

2021/11/21 フランス ミンク毛皮農場禁止、イルカを使ったショー禁止、野生動物のサーカス利用禁止、ペットショップでの犬猫店舗販売も禁止へ

2021/11/16 ベトナムの豚屠殺祭 更新しました。

2021/11/10 PETA調査:絶望的倉庫に入れられ飼育されている絶望的な犬たちPETAの証拠に基づいて、米国農務省の職員チームが、何日にもわたってこの施設を査察しました。

2021/11/10 カナダのブリティッシュ・コロンビア州:ミンクの養殖禁止決定

2021/11/9 劣悪環境で飼育 犬虐待容疑の事業所「廃業」 大半の犬は県外へ移送 松本市長「今後の教訓としなければ」

2021/11/8 「帝王切開は無麻酔」「腸が出たままになった犬も…」逮捕された“悪質ブリーダー”が飼育していた1000頭の犬たちの悲哀《スタッフはわずか数名》

2021/11/7 かつて医学実験に使われたチンパンジーたちのサンクチュアリ:熊本サンクチュアリ 追記

2021/11/7 海外ニュース(動物実験)2件 米国のランド・ポール上院議員(共和党、ボウリング・グリーン) 臨床試験で人間に使用する前に薬の動物実験を行う要件を撤廃する法案を議会に提出他

2021/11/1 イルカ猟師からイルカウォッチングへ転身した元イルカ猟師のお話。ピックアップ記事に追記

2021/10/27 「本当は殺す予定だった…」引退した"競走馬"と触れ合う 子供たちに“命の授業”【岡山・吉備中央町】

2021/10/27 生を受けるサラブレッド年間7000頭、寿命全うは1パーセント 余生を過ごすための牧場を運営する理由  

2021/10/22 犬肉業者に禁錮10月 インドネシアで画期的判決(AFP=時事)

2021/10/21 先日、日本ハムにお電話にて確認したところ、<今後新しく建てる施設はもう妊娠ストールを使わない>そうです。

既存のものをすべて置き換えていくのは難しいが、現在10%くらいのフリーストール率だが、この率をあげていくことは考えているそうです。この議事録ではそこまでは書いてありませんが、「中長期的にはすべてフリーストール対応にしていきたい。」と記載されています。

https://www.nipponham.co.jp/ir/library/events_materials/pdf/20211015.pdf

2021/10/21 ココシリのチベットカモシカ7万頭まで回復:毛皮のための密猟で一時絶滅に瀕していた

2021/10/17 排泄物に埋もれ、目にかさぶた、研究用チンチラ飼育業者に厳罰
「悪夢」を見たと検査官、米国唯一の生産者が動物福祉法違反で免許取消に

2021/10/17 動物実験のページに追記。かつて医学実験に使われたチンパンジーたちのサンクチュアリ:熊本サンクチュアリ

2021/10/17 イルカ猟のページ更新、書籍の紹介:ママ、最後の抱擁――わたしたちに動物の情動がわかるのか毛皮のページ更新

2021/10/16 「使い捨て」の競走馬 救う牧場

2021/10/16 <動物は使わない。科学技術のチカラ。>に株式会社ラスターテック社の説明と動画を追加。

2021/10/15 日本ハムで2021/10/6 行われた議事録 Q6アニマルフェアの取組について に<中長期的にはすべてフリーストール対応にしていきたい。 >と記載されています。

2021/10/15 ペット業者に対し、飼育場所の広さや従業員1人あたりの飼育数の上限などを具体的な数値で規制する「数値規制」が施行されました。ですが、マイクロチップ義務化も含め、やはり政治のしがらみが。背景を文化くらし報道部の太田匡彦記者に聞きました。

2021/10/14 京大が霊長類研究所を事実上「解体」へ 世界的な拠点、研究資金不正の舞台

2021/10/14 サルを使った動物実験の状況:京大の霊長類研究所の事実上解体ニュースを見て

2021/10/10 中国犬猫肉韓国犬肉競走馬野生動物<ベトナムのネム・トゥオン村 豚殺戮祭りの禁止を>動物病院の<献血ボランティアご協力のお願い>を知っていますか?呼びかけている動物病院の一例うちの子は献血できる?PCRMページ復活

2021/10/10 犬肉の最大消費国は中国なのに、なぜ韓国の犬食イメージが強いか=韓国報道

2021/10/7 2022年から競走馬が消費目的で屠殺場に送られることを禁止(イギリス) BHA(英国競馬統括機構)による大幅なルール変更により、英国のレースに出走する馬はすべて、来年1月以降、人間のフードチェーンの一部となるために屠殺場に送られることが許されなくなる。

2021/9/29 【ルポ】「犬食用禁止? 商売やめろということ」 韓国唯一の犬市場に行ってみると(中央日報日本語版)

2021/9/29 日本ハムの養豚場の映像が明るみに。PETAアジア

2021/9/29 中国で行われた近年の犬猫の大量殺戮の歴史 (2006年から2009年)追記

2021/9/28 動物実験: iPS細胞臨床の最新状況 、  記事・ニュースピックアップ更新

2021/9/28 イルカ漁(イルカ猟)更新情報にJAAメンバー追加

2021/9/28 韓国の文大統領、犬肉食の禁止を示唆 需要減退を受け

2021/9/26 ケリング、傘下の全ブランドで毛皮廃止へ

2021/9/24 仏サンローラン、毛皮使用終了へ

2021/9/17 フェロー諸島、イルカ漁の見直し表明 大量捕殺に非難集まる

2021/9/14 世界初、イギリスがフカヒレの輸出入を全面禁止 サメの保護を促進

2021/9/7 「処理」された犬たちの首輪の山──韓国・犬肉農場のぞっとする光景

2021/9/5 ペットボックス北谷店 年内で生体販売を廃止へ

2021/9/3 島忠ホームズ与野店で保護犬猫の譲渡会 生体の陳列販売も中止に

2021/9/2 オランダの全ての小売チェーンで動物福祉に配慮した鶏肉の販売に移行するも温暖化対策は後退(EU)

2021/8/22 海外の流れ 追記 世界で起こっていること追記

2021/8/17 COVID-19研究のためのMPS (生体模倣システム)の活用

2021/8/16 オリンピック用の馬 追記しました。

2021/8/15 J-Stageで見る国内企業、研究者の脱・動物実験への挑戦追加

2021/8/12 シンガポール、象牙販売全面禁止へ 2021年9月から

2021/8/8 <動物は使わない。科学技術のチカラ。>のぺージに、動物実験代替技術に関する記事 追記

2021/8/1 トップページ内容更新ベジタリアンになろう絵本:戦争ノンフィクション犬やねこが消えた を追加更新、動物実験トップ動物は使わない・科学技術のチカラ日本における代替法事業、国内外の動物実験ルール動物実験代替法の歴史:世界と日本意見を送ってください。を更新しました

2021/7/22 北里大学では2018年に生体を使った外科実習を廃止しています。2021年7月22日 劇場公開された映画『犬部!』は、北里大学獣医学部で一切の動物実験を拒否され、獣医師になられた太田快作さんをモデルにしています。 

映画の最後で、<映画に登場する生体を使った「外科実習」は、モデルとなった大学では2018年に廃止されました。>と紹介されています。

2021/7/19 海でイルカを触ることは違法:海外 ハワイの同様のことが記載された海辺に配置されている立て看板の写真も掲載しました。

2021/7/11 輸入された馬について検疫所からの回答

2021/7/2 「檻の時代」の終焉──EUが家畜動物のケージ使用を全面禁止へ

2021/7/2 植物肉のグリーンカルチャー、亀田製菓らと資本業務提携--シリーズAで2.5億円の調達

2021/6/25 カナダグース、毛皮の使用停止へ

2021/6/23 「電流で屠殺、死体をエサにも」…残忍な不法屠殺業者摘発=韓国報道

犬農場事業者は、刑事立件され、検察に引き渡されたということですが、有罪になるのかどうなのか、追っていきたいと思います。

2021/6/21 Good News: OECDテストガイドライン: 動物実験なしの初めての皮膚感作ガイドライン採用!

2021/6/20 ページ<集約畜産を考える>を更新ページ<イルカ猟>更新ページ<動物実験>更新ニュースピックアップのページ作成あなたにできること更新<生体販売>更新冊子:Thank you from animals、種の壁が壊れるとき追記しました。

2021/6/20 ペットショップが守らなければならないことパンフレット 更新

2021/6/18 署名にご協力を。(キューピーに対し)残酷な扱いの中で生産されるミヤポーの卵を使わず、卵なしのマヨネーズのみ生産してください。

2021/6/15 養鶏・鶏卵行政に関する検証委員会の報告書を踏まえた農林水産省の改善策が公表されました。ご意見ご提案などありましたらぜひ送ってください。

 大臣官房秘書課 担当者:渡邉、御厩敷(おんまやしき)様
ダイヤルイン:03-6744-2001、代表:03-3502-8111(内線3002)
FAX番号:03-3592-7696

2021/6/12 経産省、AMEDに意見を。動物実験をへらすための事業の1つが今年度終了します。意見を送ってください。

2021/6/9 フランス、麻酔なしのブタの去勢禁止 2022年1月から

2021/6/9 Breaking news: Israel becomes first country in the world to introduce “historic” ban on fur sales イスラエル、毛皮販売を禁止に

2021/6/6 動物実験:署名にご協力お願いします。

2021/6/6 国による動物実験を削減するための事業

2021/6/3 「養鶏・鶏卵行政に関する検証委員会報告書」及び「追加の倫理調査の結果について」の公表について

2021/6/2 2021年6月1日に改正食品衛生法が完全施行され、原則全ての食品等事業者はHACCPに沿った衛生管理に取組む必要があります。

2021/6/1 中国の改正動物伝染病防止法が施行。中国には合法的な犬の屠殺場は存在せず、市場の全ての犬肉製品は違法な無許可の屠殺場によって生産されていると考えられる

2021/6/1 中国の改正動物伝染病防止法が施行。中国には合法的な犬の屠殺場は存在せず、市場の全ての犬肉製品は違法な無許可の屠殺場によって生産されていると考えられる

2021/5/30 サルの脳を食べるのページ 内容追記しました。

2021/5/23 馬:競走馬・馬肉のページ 内容追記しました。

2021/5/19   UNEP グリーンで持続可能な化学、OECD PBKモデルのバリデーション

2021/5/16  CytoReason社 脱・動物実験

2021/5/16 PETAアジア、日本最大手の鶏卵企業イセ食品を告発。むごい鶏の扱いが明るみに出る。署名にご協力を。

2021/5/4 犬食文化は今もなくならず… 韓国畜産農場から食肉処理を控えた50頭を救出

2021/5/1 ・JRAへ意見を

・「輸入時の馬の死亡数」追記、および「荒尾競馬場閉鎖後その後」のページ作成しました。

2021/4/25 馬(競走馬・馬肉)のページを更新しました。

2021/4/25 アジアフォーアニマルズ会議2021が4/24~4/25今年バーチャル会場で行われました。

2021/4/23 ペットに対する虐待は人間への虐待と同様に罰せられることになるという新法がスペインに登場

2021/4/18 中国:畜産業界の回復により大豆・穀類の輸入量増大

2021/4/11 歯科医療における動物実験からの脱却

2021/4/7 世界初の動物向け新型コロナワクチン、ミンク産業などが期待

2021/4/4 イスラエル ヘブライ大学の研究者 動物実験を行わずにガンの薬を開発 他

2021/4/4 過去 中国の毛皮農場で撮影された動画をあらためて追加しました。 

2021/4/3 イルカ猟ページ更新

・ イルカ猟Topページ イルカ捕獲数 2002-2018表、図、追加、突棒猟の動画、写真追加、他

・ イルカ漁詳細ページ <水族館で生まれたほとんどの個体は半年以内に死亡> に2020/3/31時点の情報を追記

・ イルカ猟写真のページに写真追加

2021/03/30 <世界の食料安全保障と栄養の現状2020年報告>が公表され、報告書の32ページに、【ベジタリアン、ビーガン食は、現行の食料消費パターン に起因するGHG排出の社会的コストを大幅に削減すると記載されています。】

現行の食料消費パターン に起因する GHG 排出の社会的コスト(図 37) は、2030 年にはおよそ1兆7,000 億米ドルにも達すると試算される。

対して、4 通りの代 替食事パターン(FLX、PSC、VEG、VGN)の いずれかを取り入れた場合、2030 年には社会 的コストの 7,000 億~ 1 兆 3,000 億米ドル(41 ~ 74%)の大幅なコスト削減に貢献すると考 えられる(図 37)。

※FLX、PSC、VEG、VGNは、「フレキシタリン(FLX)」、「ペスカタリアン(PSC)」、「ベジタリアン(VEG)」、「ビーガン(VGN)」を表す。

報告書(日本語)

2021/3/21 EU 動物衛生制度 2021年4月21日新制度に移行

2021/3/8 動物実験代替 3D培養(オルガノイド)

2021/3/7 動物実験代替 インシリコの現状と課題そして提案

2021/3/7 動物実験代替 仮想人体、ボディオンチップ

2021/3/6 アメリカの環境保護庁:2035年までに哺乳類の動物実験の中止を発表

2021/3/5 犬の食肉処理場を閉鎖、25年で100万匹超を処理 カンボジア

2021/3/2 世界屈指のゲノミクス研究所として知られるサンガー研究所 動物実験施設を閉鎖を発表

2021/2/28 鶏のアニマルウェルフェア  

2021/2/26 国立環境研究所ニュース 実験生物に頼らない21世紀の毒性評価システム(AOPとIATA)

2021/2/18 農水省の代替タンパク研究 

2021/2/14 中国犬肉祭りなどから救出された29匹、米に到着 AFP

2021/2/11 【特集】世界を救う「代替たんぱく」の衝撃

2021/1/21 ドイツ、雄ひよこの大量殺処分禁止へ 世界初。2022年から禁止になります。

2021/2/7 「動物福祉」問われる日本の姿勢 浮き彫りになった世界とのギャップ

2021/1/21 ドイツ、雄ひよこの大量殺処分禁止へ 世界初。2022年から禁止になります。

2021/1/3 くり返される強制妊娠と出産、"淘汰"と"更新"

2020年

2020/12/19 アメリカで初めて遺伝子組み換え動物食品が認可される

2020/12/10 ニワトリの閉じ込め飼育続ける日本 採卵農場で女性従業員が見た“残酷”
昨冬、東日本のファームで働いた経験がある40代の女性=東京在住=に、衝撃的な実態について語ってもらった。
(共同通信記者)

2020/9/14 動物実験なしで安全性評価 食品や化粧品、iPS利用のキット発売

2020/7/8 毛皮産業は段階的に廃止へ:コロナで加速 毛皮大国オランダ、ミンク産業の終幕

2020/6/22 動物実験、AI活用で9割減 経産省が試算、10年後に

2020/6/11 日本へのエキゾチックペット密輸の実態を分析した初の報告書発表

PR Timesページ:日本へのエキゾチックペット密輸の実態を分析した初の報告書発表

WWF HPページ:日本へのエキゾチックペット密輸の実態を分析した初の報告書発表

2020/4/8 犬猫、流通中に年2.6万匹死ぬ ペットショップ・業者

2020/3/12 グリコ、植物性プリン発売開始

2020/3 令和元年 毒性発現予測システムの化学物質安全性審査への導入促進に係る調査報告書

 調査内容:諸外国のインシリコ手法の行政利用の実態等を調査するとともに、インシリコ手法に活用可能な国内外に存在する毒性試験情報の調査を行い、国内のインシリコ手法の予測精度向上や改善見込の考察を行い、インシリコ手法の行政利用を阻む課題等の解決に向けた提案を行った   

2020/1/29 雄のひよこの一律殺処分、フランスで禁止へ 2021年末以降

2019年

2020/12/19 アメリカで初めて遺伝子組み換え動物食品が認可される

2020/12/10 ニワトリの閉じ込め飼育続ける日本 採卵農場で女性従業員が見た“残酷”
昨冬、東日本のファームで働いた経験がある40代の女

2019/12/2 「ミートレス」の破壊力 200兆円食肉市場を脅かす

2019/2 日鶏協ニュース2019年2月号 <少しでも多くの成鶏を淘汰する(=殺す)ことが重要>
2018年度成鶏更新・空舎延長事業(第2回)の実施について

2019//9/2 アニマルウェルフェア先進国「英国」と、求められる日本の対応

2019/7/19 英国におけるベジタリアン・ビーガン市場調査 若年層を中心に広がる菜食主義

おすすめ記事

2021/03/30 <世界の食料安全保障と栄養の現状2020年報告>が公表され、報告書の32ページに、【ベジタリアン、ビーガン食は、現行の食料消費パターン に起因するGHG排出の社会的コストを大幅に削減すると記載されています。】

現行の食料消費パターン に起因する GHG 排出の社会的コスト(図 37) は、2030 年にはおよそ1兆7,000 億米ドルにも達すると試算される。

対して、4 通りの代 替食事パターン(FLX、PSC、VEG、VGN)の いずれかを取り入れた場合、2030 年には社会 的コストの 7,000 億~ 1 兆 3,000 億米ドル(41 ~ 74%)の大幅なコスト削減に貢献すると考 えられる(図 37)。

※FLX、PSC、VEG、VGNは、「フレキシタリン(FLX)」、「ペスカタリアン(PSC)」、「ベジタリアン(VEG)」、「ビーガン(VGN)」を表す。

報告書(日本語)

2021.2.11 【特集】世界を救う「代替たんぱく」の衝撃

2021.2.7 「動物福祉」問われる日本の姿勢 浮き彫りになった世界とのギャップ

2020/7/8 毛皮産業は段階的に廃止へ:コロナで加速 毛皮大国オランダ、ミンク産業の終幕

2020/4/8 犬猫、流通中に年2.6万匹死ぬ ペットショップ・業者

Copyright(C)ヘルプアニマルズAll Rights Reserved.