ヘルプアニマルズ 日本の皮革産業

お問い合わせはこちら↓から
メール
毛皮のため飼育される動物たち 毛皮のため飼育される動物たち

皮革ができるまで:革のために殺され犬皮、ワニ皮、牛革にされる動物たち

中国の犬皮産業

皮革輸出入データ

ベトナムのワニ革産業

ブランドの動向

革にされるために長距離輸送される牛

動画

皮革は副産物だけではありません。革のために殺す産業が存在します。

お願い

このサイトでは、動物の利用の現状を知っていただきたく、動物の写真や動画を掲載しています。

目を覆いたくなるような悲惨で残酷な写真ばかりです。動物の置かれた事実を伝えるためサイトの意図を理解し、あらかじめご了承ください。 

産業動物は、”命”として扱われず、お金を産ませるモノのように扱われています。動物たちの命の剥奪は、社会の中で当たり前に行われています。

動物を殺して食べたり利用したりすること自体は容認できるとしても、動物の扱い方、飼育、輸送、殺す方法には、改善する余地があります。

ページ<あなたにできること>をぜひチェックしてみてください。

実態の把握、動物の苦痛の削減を目指し、企業や行政へ意見を届けています。メールマガジン配信ご希望の方がいましたら、メールにてお知らせください。

はじめに 

昔は、皮革は食肉の過程で出る副産物でした。
法律でも、牛や豚など、革製品として広く流通している動物に関して、皮を取るために殺すことは禁止されています。

しかし昨今、革をとることを目的に動物を飼養し、生きたまま革をはぐなどの残酷な実態が明らかになっています。
日本にも牛羊以外にもワニ、とかげ、ヘビなどの原皮がアジアやアフリカなどから輸入され入ってきています。これら残酷な方法で作られた革の可能性もあります。

国内の皮革産業及び革靴産業は中小・小規模事業者が大部分であり、国際競争力が十分備わっていません。政府は皮革産業へのTPP等の影響緩和のため、「皮革・皮革製品産業などに関する競争力強化の取組を継続」しています。

国内市場規模を、<国内生産額+輸入額-輸出額>と見ると、皮革産業全体の国内市場規模はほぼ横ばいです。

国内生産は、工業統計の<なめし皮・同製品・毛皮製造業>で確認すると、事業所数、従業者数、生産額ともに右肩下がりとなっています。

2020年の工業統計では、従業者4人以上の事業所数は、2020年1,057、同じく従業者数19,483。この数字は、1996年の数字と比べると、事業者数は約5分の1,従業者数は3分の1以下。(1996年 事業者数4,645、従業者数59,836)

なお、「工業統計調査」は、2022年度から廃止され、経済構造実態調査の一部としての実施に変更されました。

輸出入については、貿易データを見ると、皮革全体の輸入量は、原皮、原毛皮は減少の一途、毛皮加工品は減少、革がその分増え、皮革全体では、横ばいにあります。 革および革製品、毛皮製品の輸入、輸出額の推移です。

革及び皮製品、毛皮製品輸入

2021年の輸入額は251億円。

革及び皮製品、毛皮製品輸出

2021年の輸出額は81.4億円。

他のデータについては、下記データの箇所にてご覧ください

新着記事 

2022/6/21 旭化成、車向け人工皮革で環境対応強化

2022/6/20 国産初のヴィーガンな合成皮革「りんごレザー(R)」をSORENA社が今冬発売

2022/6/12 皮革・資料に追記しました。

皮革産業の状況

令和3年度関税率・関税制度改正要望事項調査票によると、国内の皮革産業及び革靴産業は中小・小規模事業者が大部分を占めており、国内における皮革産業及び革靴産業が構造改善を進めているものの、現時点では、ブランド化・高付加価値化による競争力が十分備わったとはいえない。とされています。

皮革の国内生産額は減少し、補うように輸入が増えているように見えます。ただし、なめし皮だけでみると国内生産は減少の一途。原因は日本のメーカーが海外において皮革製品を生産するようになったことが 要因であると推測されてます。

貿易自由化との闘いの歴史

1960年の原皮輸入の自動承認制移行後、海外からの度重なる貿易自由化の要求と政府による産業保護の歴史でした。

1966年,1972年の原皮輸出規制の動きを引き金に原皮相場の激しい上げ下げ1977年から始まるアメリカによるガットへの提訴
1984年日本の皮革輸入数量制限はガット11条違反の認定、
1986年輸入数量制限から関税割当制度への移行
1994 年のウルグアイ・ラウンドの合意により関税を引き下げなどによる打撃

2015年10月のTPP協定(環太平洋パートナーシップ協定 ) の大筋合意を受け、2015年11月に「総合的なTPP関連政策大綱」が公表されました。

皮革産業は、小規模な事業所が多く国際競争力に乏しいことから、2015 年 の「総合的なTPP関連政策大綱」予算に、皮革関連産業競争力強化事業(133.3 億円)を盛り込みました。

2015年10月のTPP協定(環太平洋パートナーシップ協定 ) の大筋合意で他の 11 か国から輸入する工業製品の関税を 100%撤廃が決定。今までは死守していた革靴の甲の部分、関税割当対象品目である皮革や革靴等もその対象となることになりました。ただし11 年~16年の猶予期間設定があります。

大綱は、その後2017年、2020年に改訂しています。 2020年12月の改訂版にも同様、「皮革・皮革製品産業などに関する競争力強化の取組を継続する」事が記載されています。

TPP合意ずっと以前より行われてきた政府支援

政府は、政策評価に関する基本方針によって、以前よりワシントン条約対策委員会及び関係国際機関等派遣事業(べっ甲)、国内タイマイ保護・増養殖事業(補助)(べっ甲)、地方皮革産業振興対策事業費補助金、皮革産業振興対策事業費補助金(皮革)などにも支援を行ってきています。

革禁止の動き

企業を見ると、2018年シャネルがワニ皮やヘビ皮などの使用禁止を発表していますが、2022年5月、バーバリーがワニ皮やヘビ皮などの使用禁止を決めました。

2021年アディダスは、人気スニーカーの素材を合成皮革に変更しました。

2022年5月、三味線は犬や猫の皮を使っていますが、愛知県の三味線工房が、人工皮革を開発しました。「動物の皮に頼っては未来はない」とのことです。

資料

令和3年度関税率・関税制度改正要望事項調査票

令和2年度皮革産業振興対策調査等(皮革用語のJIS 化対応等調査)報告書(概要版)

令和2年度皮革産業振興対策調査等(皮革用語のJIS 化対応等調査)報告書

令和2年度皮革産業振興対策調査等(日本製革製履物の海外PR等のための海外見本市出展)事業成果報告書(公開版)

平成31年度皮革産業振興対策調査等(日本製革製履物の海外PR等のための海外見本市出展)事業成果報告書

令和元年度皮革産業振興対策調査等(海外主要国における皮革関連産業のサステナビリティ活動等の動向・対応調査)調査報告書

平成30年度皮革産業振興対策調査等(日本製革製履物の海外PR等のための海外見本市出展)事業実施報告書

平成30年度皮革関連産業振興対策調査等(皮革関連産業振興対策事業のフォローアップ・評価及び我が国皮革関連産業の国際競争力強化に関する調査) 調査報告書

平成29年度皮革産業振興対策調査等(日本製革製履物の海外PR等のための海外見本市出展)事業実施報告書

平成29年度皮革産業振興対策調査等(野生害獣の駆除等により生じた皮革の利活用に関する実態調査等)報告書〔概要版〕

平成29年度皮革産業振興対策調査等(野生害獣の駆除等により生じた皮革の利活用に関する実態調査等)報告書

経産省委託調査報告書

皮革産業の現状と課題  経済産業委員会調査室 安藤 利昭 2016/12 立法と調査

我が国皮革産業の国際競争力強化手法に関する基本調査報告書 2014/3  野村総合研究所

北海道のミンク養殖業の形成と消滅までの過程 (2021)

毛皮ブーム再来の影で

データ

貿易統計の数字はGD Freak!より、UN Comtradeの数字は日本貿易図鑑より使わせていただいています。
完全一致はしていません。統計の取り方などにより違いかと思いますが、大枠の数字としてとらえることを目的としています。

加工品(革製品、皮、加工毛皮)と原料(原皮と毛皮)の輸出入の統計。

加工品

UN Comtrade統計:革、加工毛皮グループ

輸入:革、加工毛皮グループの内訳。輸入額(ドル)ベース。
1位:革製品 134,087,637 (51.02%)
2位:革   124,046,106 (47.19%)
3位:加工毛皮 4,694,626 (1.79%)
合計: 262,838,369ドル

主な輸入先は、 中国(32.7%) 、イタリア(11.7%) 、メキシコ(11.4%) 。

輸出:革、加工毛皮グループの内訳。輸出額(ドル)ベース。
1位:革   83,222,658 (95.13%)
2位:革製品  4,159,103 ( 4.75%)
3位:加工毛皮  103,968 (0.12%%)
合計:87,485,730

主な輸出先は、 中国(25.4%) 、ベトナム(22.3%) 、タイ(15.1%) 。

革、加工毛皮グループ全体

革加工毛皮輸入額

2021年の日本における革、加工毛皮グループの年間輸入額は 262,838,369ドルで前年比+24.8%。

革加工毛皮油種t額

2021年の日本における革、加工毛皮グループの年間輸出額は 87,485,730ドルで前年比+22.4%。

革製品

主な輸入先は、 中国(52.7%) 、フランス(16.3%) 、イタリア(6.6%) 。
主な輸出先は、 中国(54.8%) 、アメリカ(11.4%) 、ベトナム(9.0%) 。

革製品の輸入

2021年の日本における革製品の年間輸入額は 134,097,637ドルで前年比+22.0%。
年間の輸入量は2,059,400 (kg)

革製品輸出額

2021年の日本における革製品の年間輸出額は 4,159,103ドルで前年比-12.3%。
年間の輸出量は84,455 (kg)。

主な輸入先は、 メキシコ(24.1%) 、イタリア(17.5%) 、アメリカ(10.2%) 。
主な輸出先は、 中国(23.9%) 、ベトナム(23.0%) 、タイ(15.8%) 。

革輸入額

2021年の日本における革の年間輸入額は 124,046,106ドルで前年比+27.3%。
年間の輸入量は36,032,368 (kg)。

革及び皮製品、毛皮製品輸出

2021年の日本における革の年間輸出額は 83,222,658ドルで前年比+24.8%。
年間の輸出量は19,875,283 (kg)。

加工毛皮

主な輸入先は、 中国(74.6%) 、スペイン(8.7%) 、イタリア(7.3%) 。
主な輸出先は、 香港(47.8%) 、ベトナム(23.0%) 、フィリピン(17.7%) 。

加工毛皮輸入額

2021年の日本における加工毛皮の年間輸入額は 4,694,626ドルで前年比+48.1%。
年間の輸入量は137,785 (kg)。

加工毛皮輸出額

2021年の日本における加工毛皮の年間輸出額は 103,968ドルで前年比+163.2%。
年間の輸出量は587 (kg)。

原料:皮、毛皮グループの輸入、輸出

UN Comtrade統計:皮、毛皮グループ全体

輸入:皮、毛皮グループの詳細内訳。輸入額(ドル)ベース。
1位:原皮 42,023,107 (98.85%)
2位:毛皮  490,813 (1.15%)
合計:42,513,921

主な輸入先は、 ベトナム(47.8%) 、中国(34.8%) 、オーストラリア(2.9%) 。

輸出:皮、毛皮グループの詳細内訳。輸出額(ドル)ベース。
1位:原皮 66,380,613 (100%)

主な輸出先は、 タイ(74.6%) 、ベトナム(14.3%) 、カンボジア(8.8%) 。

皮毛皮(原料)の輸入額

2021年の日本における皮、毛皮グループの年間輸入額は 42,513,921ドルで前年比+11.7%。
主な輸入先は、 ベトナム(47.8%) 、中国(34.8%) 、オーストラリア(2.9%)

皮毛皮(原料)の輸出額

2021年の日本における皮、毛皮グループの年間輸出額は 66,380,613ドルで前年比+52.3%。
主な輸出先は、 タイ(74.6%) 、ベトナム(14.3%) 、カンボジア(8.8%) 。

原皮

原皮の輸入額

2021年の日本における原皮の年間輸入額は 42,023,107ドルで前年比+11.8%。
年間の輸入量は2,037,674 (kg)。
主な輸入先は、 ベトナム(48.4%) 、中国(34.8%) 、オーストラリア(2.9%) 。

原皮の輸出額

2021年の日本における原皮の年間輸出額は 66,380,613ドルで前年比+52.3%。
年間の輸出量は65,249,807 (kg)。
主な輸出先は、 タイ(74.6%) 、ベトナム(14.3%) 、カンボジア(8.8%) 。

原皮の輸入先、輸出先相手国

原皮毛皮の輸入額
_原皮毛皮の輸出額

毛皮:

毛皮の輸入額、輸入先については<毛皮のページ:データ>をご覧ください。

データのソース、出典元:貿易統計日本貿易図鑑FD freak!

犬も猫も

2021/1/27 Golden retriever destined for death at slaughterhouse filmed ‘crying for help’

2019/6/13 Thousands of golden retrievers ‘with sadness in their eyes’ saved from China’s dog meat trade

ゴールデンレトリバー
ゴールデンレトリバーの毛皮

犬猫が毛皮のため殺されている動画については、毛皮のページにてご覧ください。→ 毛皮の犬猫毛皮の動画へ

ブランドの動向

皮革取り扱いをやめるブランドなどが出てきています。

エキゾチックレザーを扱っていないブランド

シャネル
ヒューゴ ボス
ヴィクトリア ベッカム
マルベリー

畜産副産物としての皮革のみを扱うブランド

マルベリー

調達に関する基準を持つブランド

ケリング(グッチ、ボッテガ・ヴェネタ、サンローラン)
動物の種ごとに動物福祉に関する細かな規定を設け、サプライヤーに対しても、完全なトレーサビリティーの確保を義務づけているブランド

クロコダイル皮革の調達方法について、責任あるかたちでの独自の基準を持つブランド

LVMH(ルイ・ヴィトン、ディオール、ジバンシィを傘下にもつ)

動画

・革にするために犬が撲殺されるこの映像は、#ジョーカー ができることよりも恐ろしい。ホアキン

Youtube アースリングス 皮・毛皮 毛皮は6:30くらいからです。

中国の犬皮産業

PETA Asiaの潜入調査により、犬が撲殺され、その皮膚が革手袋、ベルト、ジャケットの襟のトリム、猫のおもちゃ、その他のアクセサリーに加工されていることが明らかになりました。

世界のレザーのほとんどは、動物虐待に対する罰則がない中国から輸入されています。犬の革から作られた製品は、世界中に輸出され、疑うことを知らないお客さんに売られる可能性があります。 残酷な皮革産業を支援しないでください。

海を越え、世界を巡る過酷で長距離の旅

生きた動物が革のために殺される前に、数週間かけて地球の裏側まで輸送される様子を映し出しています。

ベトナムのワニ皮産業

生きたまま、頭頂部から切り開かれて苦痛の末死んでいきます。

ベトナムのヘビ皮産業

ニシキヘビの口と肛門を輪ゴムで塞ぎ、エアーコンプレッサーで膨らませて死なせるなど、恐ろしい残虐行為を行っています。

こちサイトらのにたどり着いた方へご協力をお願いします

Twitter, FacebookなどのSNSや、お持ちのブログやサイトでこちらのサイトを広めていただければ幸いです。

動物実験 毛皮イルカ漁 韓国犬肉中国犬猫肉家畜

 

Copyright(C)ヘルプアニマルズAll Rights Reserved.